【パブリックAP】S.K(2018年新卒入社)

photo
パブリックAPS.K(2018年新卒入社)

いつごろ入社されましたか?
入社したのは2018年の4月で、新卒としてこの会社に入りました。
就活の時にはこの業界だけでなく、不動産の設計やプランナー系の仕事もみていました。

photoかなり違う分野で検討していましたが、
BSPにした決め手は?

私の場合は、「落ち着いて働ける会社」というのを軸に探していたんです。

不動産の設計やプランナー系の仕事は、小学生の頃に小さな住宅模型を見て「こういうのを作るのも楽しそう」と思っていたからです。そういった模型を作ったりする仕事なら黙々と仕事に没頭出来るかなと、、、(笑)

エンジニア系の仕事も同じ理由から検討していたのですが、説明会に参加した際に社長が1対1で説明してくれる機会がありました。そこでいろいろと話を聞いて、「ここなら落ち着いて仕事が出来るかも」、「会社の歴史も長く安心して働けるかな」と思ったのが決め手でした。

未経験からの専門職で不安はなかったですか?

多少の不安はありましたが、入っちゃえばあとはやるしかないかと考えている部分もありました。でも、入社までの期間に数回の勉強会を開催してもらえると聞いていたので大丈夫かなと。

入社後は3~4ヶ月ほど基礎研修を行って、入社した夏頃には現場に出ていました。
正直最初に出て行くときは不安ですが、必ず先輩と一緒のプロジェクトに入るので、そこですぐに実践経験を積みながら仕事をして行くことで早く経験を積める点はありがたいです。

photo今の仕事内容について教えてください。

プロジェクト内容の詳細はいえませんが、現在は公共関連のプロジェクトに参画しています。お客様先に常駐する仕事なので、現場へ直行直帰が基本的な仕事スタイルです。

参画するプロジェクトによって異なりますが、現在は8:00~17:30の勤務時間です。終業のチャイムが鳴ると同時に帰れる雰囲気で、本当にみんなすぐ帰るので帰りにくい雰囲気もなく若手にとってはありがたいです。(笑)

入社してから今までで感じる
自分の成長や変化があれば教えてください。

私たちはお客様先での作業になりますが、そのお客様にもお客様(エンドユーザー)がいらっしゃいます。そうなると、自分のミス一つでそのエンドユーザーにも迷惑がかかってしまうため、一つ一つミスがないように徹底するようになりました。

正直、学生の頃は自分のミスがそこまで大きな範囲に影響することは考えにくい部分でしたが、やっぱり学生時代とは責任感の部分でも考え方が変わって来たかなと思います。

BSPの雰囲気を教えてください。
落ち着いているけれども、新しいことにチャレンジしている会社だなと思います。実際に、新しい社内プロジェクトも始まっています。入社2年目ですが、その新たなプロジェクトのメンバーに入れてもらえたりと、若手を登用することにも積極的な姿勢を感じます。

photo

最後に、どんな人がこの仕事に向いているでしょうか。
エンジニアといえども、状況の報告や意外とお客様とお話することも多い仕事です。そのため人と話をするのが好きな方であれば向いていると思います。

あとは、参画するプロジェクトや作業内容によっては、どうしても単純作業を繰り返さなければいけないときもあります。そうした時に、「いつもこうだから」「多分大丈夫」といった感じで進めてしまうとミスが起きるので、飽きずに同じことをするのが苦ではないことも大切なポイントかもしれません。

一度説明会に参加していただけると会社の雰囲気などもわかりやすいと思うので、少しでも興味があれば参加してみることをオススメします。

インタビュー記事一覧に戻る

メニュー
エントリー